このページでは予約カレンダーの作成で追加したカレンダーにサービスを追加する方法を紹介します。

サービスの設定ページはダッシュボードのサイドメニューにあるBooking Package > カレンダー設定内でサービスを追加したいカレンダーの管理ページの「サービス」タブで行います。
サービス機能を有効にするには「サービス機能を有効化」をオンにしてください。

名前
任意のサービス名を入力してください。

有効
”有効”にチェックが入っていない場合、予約手続きをおこなうユーザーは、そのサービスを選ぶことができません。

対象
“訪問者とユーザー”、”訪問者のみ”、”ユーザーのみ”のいずれかを選択することができます。
(例) サービスの対象に”ユーザーのみ”を選択した場合は、ユーザーがログイン状態の時のみにサービスが表示されます。

料金
サービスに対して料金を設定することができます。ゲストの世代や性別ごとにサービスの料金を変更したい場合は”標準料金”と料金2から6に費用を入力してください。

「標準料金」「料金 2」など表記を「大人料金」「子供料金」などと分かりやすい表現に変更する場合は”Loco Translate“のプラグインを導入してください。

仮に"ゲスト"タブ内で「大人」「子供」「幼児」の3種類のゲストを作成してゲストの世代ごとに料金を定める必要がある場合は「標準料金」を「大人」、「料金 2」を「子供」など料金を定めるルールをWordPressの管理者が独自に決めてください。
次に"ゲスト"タブ内の「大人」「子供」などの各ゲストの設定(編集)内にある「サービス内の標準料金から料金6の中から1つを選択」で料金の種類を選ぶことでサービスとの関連付けが行なえます。
このようにサービスとゲストの料金を双方に関連付けることで詳細な価格を設定することが可能になります。

所要時間
登録するサービスの提供に必要な所要時間を選択してください。

サービスを提供する時間
月曜日から日曜日までの各曜日ごとと祝祭日にサービスを提供する時間を1時間単位で指定する事ができます。

(例) 水曜日の12時以降はサービスを無効にしたい場合は水曜日のタブを開き12時以降のチェックボックスを外してください。

複数オプションの選択
この機能を有効にすると1つのサービスは複数のオプションを持つ事が可能になり、訪問者はサービスの中から複数のオプションを選択する事ができる様になります。

オプション
オプションに項目を追加するとサービスは複数のオプションを持つことが出来、訪問者はオプションが設定されているサービスを選ぶとオプションの選択パネルが表示されます。また、サービスと同様に複数の料金をゲストごとに指定することも出来ます。

次はフロントページに予約カレンダーを表示に進んでください。