Notice: WP_Scripts::localize が誤って呼び出されました。$l10n パラメータは配列である必要があります。スクリプトに任意のデータを渡すには、代わりに wp_add_inline_script() 関数を使用してください。 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 5.7.0 で追加されました) in /virtual/cartmaker/public_html/manual-ja.saasproject.net/wp-includes/functions.php on line 5313

予約手続完了前に訪問者が入力したメールアドレスまたは携帯電話番号のSMS宛に予約手続完了に必要な6桁の数字で構成された認証コードが送信されます。訪問者は受け取った認証コードを予約フォームに入力することで、その認証コードの値をBooking Packageが検証して正しい値の場合は予約手続きが完了します。この機能を導入することで悪意のある予約やメールアドレス、携帯電話番号の入力ミスを防ぐ効果が期待できます。

予約カレンダーで認証コードの有効化

Booking Package > カレンダー設定内で認証コードを有効にしたいカレンダーの設定タブ内の「訪問者に予約認証コードを送信する」と「ユーザーに予約認証コードを送信する」のオプションに下記の値を選択します。

有効 – メールとSMS予約手続き時に入力したメールアドレスと携帯電話番号宛に同じ認証コードが送信されます。
有効 – メール予約手続き時に入力したメールアドレス宛に認証コードが送信されます。
有効 – SMS予約手続き時に入力した携帯電話番号宛に同じ認証コードが送信されます。
無効認証コードの機能が無効。

入力フォームの設定

設定タブ内で認証コードを有効にしたら予約カレンダーの入力フォームタブ内で項目の設定を変更してください。

  • メールアドレス宛に認証コードを送信する場合はメールアドレスとして登録している項目の設定内で「メールアドレスとして使用」のオプションで「はい」を選ぶ必要があります。
  • 携帯電話番号宛に認証コードを送信する場合は携帯電話番号として登録している項目の設定内で「SMSとして使用(ショートメッセージサービス)」のオプションで「はい」を選ぶ必要があります。
    またSMSの送信にはBooking Package > 一般設定内でTwilioの設定が必要になります。

予約カレンダーの認証コードの有効化と入力フォームの設定が正しく行えている場合は、訪問者による予約手続完了前に下記の認証メッセージが送信されます。

あなたの認証コード: 321894

Your site name.
test@saasproject.net